円錐角膜とは

円錐角膜とは?

円錐角膜とは、角膜の中央付近の厚みが薄くなり、角膜が円錐状に前方へ突出する病気です(図1)。角膜は眼をカメラに例えるならば、レンズの働きの一部を担っていますので、前方に突出することにより近視と乱視が強くなり、視力が低下します。通常は両眼に発症しますが、左右の眼で進行の程度に差があることが多いです。
円錐角膜は、思春期に発症し、徐々に進行し30歳を過ぎると進行が停止するとされています。しかし、個人差があり、大人になってから発症して30歳を超えても進行し続ける人もいます。原因は今のところ不明ですが、アトピーのある人に多く見られます。

症状

角膜が前方へ突出することにより、近視が強くなり、角膜の歪み(不正乱視)が生じ視力が低下します。また、角膜の突出が強くなると、角膜の内側のデスメ膜という膜が突然破裂し、角膜内に水が溜まり痛みを伴って白く濁る「急性水腫」という病態になることがあります。

診断

円錐角膜FAQ

円錐角膜について、よくある質問とその答えをまとめてあります。

詳しくはこちら

医師限定コンテンツ

会員登録をすると、「学会サマリー」などの会員限定コンテンツを閲覧できます。

新規会員登録

円錐角膜診療ポケットマニュアル

「円錐角膜診療ポケットマニュアル」のダウンロートはこちらから。

ダウンロードする

円錐角膜研究会パンフレット

「円錐角膜研究会パンフレット」のダウンロートはこちらから。

ダウンロードする

円錐角膜診療ポケットマニュアル

円錐角膜外来のある医療施設をご紹介しています。

詳しくはこちら